妻と間男の不倫の証拠にGPSはつかえるのか?GPSの設置方法も解説します

皆さんこんにちは、ジュンです。

 

 

もしあなたが家庭を守る為に一生懸命努力している中で、妻の不倫が発覚したらどうしますか?

 

 

おそらく殆ど人が妻と間男の不倫の証拠を探す為に、ネットで調べたり、実際に証拠を集める為に行動を起こすと思います。

 

 

 

妻と間男の不倫を証明する為の方法の一つに、GPSを使用するものがあります。

 

 

 

GPSと聞くと車やスマートフォンに使用されているぐらいのイメージが多く、難易度が高いと思われますが、不倫調査の為のGPSの利用はどの様に行うのでしょうか?

 

 

今回の記事は、

 

GPSを利用した妻と間男の不倫の証拠の集め方

 

について解説していきます。

 

 

 

妻の不倫に苦しんでいる人は是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

GPSの移動記録は不倫の証拠として使用出来るのか?

 

自分自身でGPSを利用して不倫調査を行ったと言う話は、あまり聞かないと思います。

 

 

 

 

「費用が掛かる」、「GPSと聞くと大がかりなイメージがある」と言う理由もありますが、一番の理由は、GPSの移動記録を不倫の証拠として、示談交渉や裁判で提出してもそれ単体で認められる可能性は殆ど無いからです。

 

 

 

例えば、GPSの移動記録がラブホテルを示していても、あくまでも「移動記録のみ」なので、実際にラブホテルに出入していたかどうかの証明が難しいのです。

 

 

「ラブホテルの前を通っただけ」、「ラブホテルの駐車場でUターンしただけ」等、簡単に言い逃れされてしまいます。

 

 

 

GPSの移動記録は、他の妻と間男の不倫の証拠と組み合わせて、全体として強力なものとする為の一つの材料として考えた方が良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

GPSには種類がある

 

GPSには基本的に2種類あり、それぞれの目的によってどれを選ぶかが決まってきます。

 

 

また、金額にも差がありますので、把握しておいた方が良いでしょう。

 

 

 

GPSには、リアルタイム型ロガー型の2種類があります。

 

 

それぞれの特徴について解説していきます。

 

 

 

 

 

リアルタイム型

 

リアルタイム型のGPSは、文字通り今現在、妻と間男の居場所を教えてくれるタイプのものです。

 

 

ラブホテルから移動の気配が無ければ、妻と間男がラブホテルに滞在しているのではないかとの予測を立てる事が出来ます。

 

 

実は探偵業者の多くが、このリアルタイム型のGPSを使用しています。

 

探偵業者と言えば、調査対象者を尾行して不倫の証拠を撮影する印象が強くありますが、それはテレビの中の話であり、実際はGPSを駆使して離れた場所から尾行しています。

 

 

それにより、尾行がばれるリスクを無くし、安全に妻と間男の不倫の証拠を入手する事を可能としています。

 

 

しかし、リアルタイム型のGPSの購入金額はかなり高く、安いものでも5万円、高ければ15万円以上掛かってしまいます。

 

レンタルする方法もありますが、レンタル料も月に3万円程度掛かります。

 

 

不倫調査は、場合によっては数ヶ月掛かってしまう事もある為、レンタルの方が費用が掛かる可能性もあるので、リアルタイム型のGPSの使用を検討している人は注意が必要です。

 

 

リアルタイム型のGPSは、基本的に長期間設置したままになるので、バッテリーの容量が大きいものを選びましょう。

 

 

 

 

 

ロガー型

 

ロガー型のGPSは、リアルタイム型と違い不倫をしている妻と間男の現在地を示すものではありません。

 

 

設置したGPSを一度回収してデータを読み込み、妻と間男がどの様な移動経路を辿ったのかを確認する事が出来るものです。

 

 

購入金額は、リアルタイム型のGPSと比べて遥かに安く、安ければ3千円程度で購入可能で、1万円のものであれば高性能になります。

 

 

 

但しログデータを見る為には、PC等に専用のソフトをダウンロードする必要があり、若干PCの知識が必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GPSを設置する場所は限定される

 

GPSを不倫調査で使用する場合、当然、妻と間男にばれない様に設置しなければいけません。

 

 

 

しかしGPSは機能の関係からなのか、ある程度の大きさがあり、ICレコーダーの様に妻の鞄の隙間等の様に、どこでも隠して設置出来るものではありません。

 

 

下の写真は、私が購入したUSBタイプのロガーと同じくUSBタイプのICレコーダーです。

 

 

左がロガー、右がICレコーダーです。

 

 

ご覧の通り、同じUSBタイプでも厚みや大きさが違う事が分かると思います。

 

リアルタイム型のGPSはロガー型よりももう少し大きいものが多く、とても妻の私物に忍ばせておく事は無理があるでしょう。

 

 

私自身、妻の鞄の中への設置を試してみたところ、USBタイプのICレコーダーは二重底に隠して難無く設置出来たのですが、GPSは底が盛り上がってしまい明らかに不自然さが生じ、あきらめざるを得ませんでした。

 

 

基本的にGPSは、車に設置するものと考えて下さい。

 

 

車のシートの下に貼付けて固定したり、マグネットタイプのGPSであれば、車の下の金属部分にくっつけたりして設置します。

 

 

 

上記の様な内容から、GPSを使用した不倫調査は、妻と間男が車で移動する際に行われる事が圧倒的に多いのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GPSの移動記録を元に妻と間男の行動パターンを把握する事が可能

 

妻と間男の車等に設置したGPSのデータは、示談交渉や裁判で提出する以外にも、データを元に妻と間男がどこのラブホテルに滞在しているか、利用しているかを把握する事が出来ます。

 

 

それにより、以下の事が可能になります。

 

リアルタイム型GPSの場合

 

GPSを頼りにばれない距離で妻と間男を追跡して、ラブホテルに車が入ったタイミングを見計らって出入口で待ち伏せて、妻と間男がラブホテルに出入する写真、動画を撮影する。

 

 

ロガー型GPSの場合

 

GPSを何度か設置して妻と間男がよく利用するラブホテルを絞り込んで、当りを付けてラブホテルに待ち伏せして妻と間男が出入する写真、動画を撮影する。

 

 

リアルタイム型とロガー型では掛かる手間は違いますが、本来であれば不倫の証拠として弱いGPSの証拠を基にして、不倫の決定的な証拠となるラブホテルに出入する写真、動画を入手出来る可能性があります。

 

 

  • お金に余裕があり、費用を掛けても問題ない人はリアルタイム型のGPS

 

 

  • お金に余裕が無く、費用を掛けられない人はロガー型のGPS

 

 

この様に割切って使い分ける事も出来ます。

 

 

 

ロガー型のGPSでも何度が調査を重ねれば、100%でなくとも妻と間男がどのラブホテルをよく利用するのかの予測をして、ラブホテルに出入する写真、動画を撮影する事が出来る可能性があります。

 

 

 

但し自分で妻と間男がラブホテルに出入する写真、動画を撮影するのは、かなり難易度が高く、リスクも伴いますので、注意が必要になります。

 

 

 

妻と間男の不倫現場の写真、動画を入手する方法に関しては、こちらの記事をご参考下さい。

妻と間男の不倫現場の写真は自分で撮影出来るのか?確実な証拠を集めよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

GPSの設置はばれない様にする事

 

GPSだけに限った事ではありませんが、この様な機器を設置する際に妻に絶対にばれないようにしなければいけません。

 

 

ある意味、不倫調査で一番重要な事は、不倫の証拠を手に入れる事ではなく、あなたが妻の不倫を疑って調べている事がばれない様にする事です。

 

 

 

妻の車にGPSを設置する際に注意する事は、GPS設置のタイミングです。

 

 

家の外での設置になるので、あなたがどんなに気を付けても妻がどこで見ているか分かりません。

 

妻の入浴中等、確実に妻が見ていないタイミングを見計らってGPSを設置する様に細心の注意を払って下さい。

 

 

あなたが手に入れた妻と間男の不倫の証拠を最大限に活用するには、弁護士に依頼するのがベストです。
こちらからあなたと相性の合う弁護士を探してみましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

妻と間男の不倫調査の為に、GPSを用いる際の注意事項について解説しました。

 

 

GPSの移動記録単体を示談交渉や裁判で証拠として使用するには弱いと言わざるを得ませんが、それを元にして妻と間男が利用するラブホテルで待ち伏せをして写真、動画を撮影すると言った、強力な不倫の証拠を手に入れる大事な役割を果たしてくれる可能性があります。

 

 

GPS設置の注意事項は、GPS自体に大きさがある為、妻の鞄等への設置は不可能なので、車に設置しなければならないと言う事です。

 

 

 

それと絶対にしてはいけない事は、間男の車へのGPSの設置です。

 

 

妻の所有する車であっても、夫婦共有の財産となるのでGPSの設置は問題ありませんが、間男の車へのGPSの設置は犯罪行為となってしまいます。

 

プライバシーの侵害、住居侵入罪、ストーカー行為による迷惑防止条例違反に該当する可能性があるので、注意しましょう。

 

 

 

 

どうしても妻と間男の不倫の確実な証拠を手に入れたい!と言う人はこちらの記事をご参考下さい。

不倫した妻と間男に確実に制裁できる証拠とは?あなたが泣き寝入りする必要はありません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
妻と間男への制裁を確実に与えよう!!
管理人プロフィール

管理人:ジュン

妻にW不倫されても、前向きに、負けずに生きていく方法を探しながら頑張っています。
不倫された際にするべき事、私自身が不倫された時の体験談を書いていきます。
負けずに生きていきましょう!!

カテゴリー

ページの先頭へ

不倫 サレ夫 慰謝料請求 不倫調査 離婚調停 不倫裁判