妻と間男の不倫の動画、音声は証拠として使えるのか?入手方法も解説します!

皆さんこんにちは、ジュンです。

 

 

あなたは妻と間男の不倫を知ってしまったらどうしますか?

 

絶望する

 

怒り狂う

 

目を背ける

 

 

 

人によって反応は様々ですが、殆どの人は何らかの行動を起こすと思います。

 

 

 

もしあなたが妻と間男に対して慰謝料請求等、何らかの制裁を考えているのであれば、妻と間男の不倫の証拠を集める必要が出て来ます。

 

 

それぞれの状況によって、入手出来る不倫の証拠は変わってくると思いますが、その中に妻と間男の不倫を裏付ける事が出来る、

 

動画、音声

 

があります。

 

 

実際に、妻と間男の不倫を疑わせる動画、音声は、不倫の証拠としてどの程度の力があるのでしょうか?

 

 

示談交渉や裁判で使用出来る場合と、動画、音声の入手方法についてそれぞれ解説していきます。

 

 

 

妻に不倫をされて苦しい思いをしている人、これからどうすれば分からない人は、是非ご参考下さい。

 

 

 

妻と間男の不倫のその他の証拠については、こちらの記事をご参考下さい。

妻の不倫の証拠にはどんなものある?使えるものを解説します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻と間男の不倫の動画、音声は証拠として使えるのか?

 

妻と間男の不倫の証拠としての動画は、映像として残るので単純に写真と同じ効力があります。

 

 

妻と間男が、ラブホテルから出入する瞬間等、不倫を決定付ける要素が強いものであれば、それだけ不倫としての証拠として認められやすくなります。

 

 

 

ただし、妻と間男の不倫の証拠として、動画を裁判でそのまま使用する事はあまり好ましくありません。

 

 

何故なら、不倫裁判の場合、わざわざ映像を見る事はしないからです。

 

その為、撮影した映像は、スクリーンショット等で画像にして、印刷して紙媒体で見れる様にしておく必要があります。

 

 

 

一方で、妻と間男の不倫現場を録音した音声は、裁判で使用する証拠としてはあまり強いとは言えません。

 

 

音声のみなので、妻と間男側から「これは加工されたものだ」、「でっち上げだ」等の言い逃れがしやすくなってしまう傾向にあります。

 

 

 

妻と間男の不倫現場を録音した音声は、他の不倫の証拠と組み合わせて使用する考え方でいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻と間男の不倫現場を動画撮影するメリットとは?

 

妻と間男の不倫現場を動画で撮影したとしても、証拠として使用するには紙媒体で無ければいけません。

 

 

「それなら最初から写真で撮影すればいいのでは?」

 

と思う人も多いかもしれませんが、動画撮影の強みは、撮影ボタンを押して、ピントと方向が合っていれば、妻と間男の不倫現場をリアルタイムで全て撮影する事が出来る事です。

 

 

シャッターチャンスを狙う必要が無く、撮影終了後にゆっくり重要な箇所のスクリーンショットを保存していけば良いだけになります。

 

 

 

実は、探偵業者が不倫調査で現場を撮影する際も、写真では無く、動画である事が多いのです。

 

 

動画で撮影する事で、重要な瞬間を見逃さずに質の高い調査報告書を作成する事が可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻と間男の不倫現場の動画、音声を入手する方法

 

では実際に、妻と間男の不倫現場の動画、音声を入手する方法について解説していきます。

 

 

動画か音声のどちらを入手するのかによって、入手方法が若干変わってきますので、それぞれ別個に説明します。

 

 

 

 

 

妻と間男の不倫現場の動画の入手方法

 

妻と間男の不倫現場を動画で撮影する方法は大まかに分けて2つあります。

 

 

不倫の現場を自分で撮影する方法

 

自分の自宅等にカメラを取り付けて不倫の現場を隠し撮りする方法

 

 

ざっくり言うと、自分でビデオカメラを構えて撮影するか、妻と間男にばれないような場所に固定して自動で撮影するかに分かれる事になります。

 

 

 

不倫の現場を自分で撮影する方法

 

妻と間男の不倫現場を動画で撮影する方法は、基本的に写真を撮影する方法と同じです。

 

 

 

妻と間男を尾行して、抱き合っている瞬間、キスをしている瞬間、ラブホテルを出入りしている瞬間等を撮影していきます。

 

 

尾行と撮影は、ばれない様に行動しないといけないので、当然難易度は高くなります。

 

 

 

しかし、撮影を開始すれば、妻と間男の不倫現場を余すことなく捉える事が出来るので、シャッターチャンスを待つ必要が無くなります。

 

 

 

前述の通り裁判で撮影した妻と間男の不倫現場の動画をそのまま証拠として提出するのは、好ましくありません。

 

 

動画の必要な部分をスクリーンショット等で保存しておいて、紙媒体で提出すれば、裁判官の心証は良くなります。

 

 

 

 

 

自分の自宅等にカメラを取り付けて不倫の現場を隠し撮りする方法

 

この方法は自分で撮影するのではなく、自宅や車内に自分でカメラを設置して自動で撮影していきます。

 

 

所謂、隠しカメラと呼ばれるものです。

 

 

 

隠しカメラと聞くと、入手が難しいイメージがありますが、今はAmazon等の通信販売で簡単に購入可能で、数千円~と比較的安価でしかも高性能なものも沢山あります。

 

 

 

私のお勧めは、長時間の設置に備えて、バッテリーが大容量のものか、動体検知式(空間に動きのある時のみ自動的に撮影する)のものです(多少値は張りますが)。

 

 

勿論、ばれない場所に設置する必要があるので、天井の四隅や蛍光灯の死角になる場所等、最大限に注意しなければならない上に、妻と間男の不倫行為を撮影出来そうな日時を狙って設置して、隠しカメラが見つからない様にしなければなりません。

 

 

 

この様に隠しカメラの設置は、タイミングとテクニックが重要になりますので、撮影難易度は高いと言えますが、上手くいけば、強力な不倫の証拠となる妻と間男の性交渉している場面を撮影する事が可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

妻と間男の不倫現場の音声の入手方法

 

妻と間男の不倫現場の音声の入手するには、音声を録音する機械が必要になります。

 

とは言っても盗聴器の様な本格的なものではなく、スマートフォンやICレコーダーを使用する事が多いです。

 

こちらも通信販売で、比較的安価で高性能、小型のものを購入する事が可能です。

 

 

 

実際に私も妻と間男の不倫の証拠集めの為にAmazonで小型のICレコーダーを購入、使用した事があります。

 

 

私の場合は、どこにでも仕掛けられる様に、小型で薄型なUSB型のICレコーダーを購入しました。

 

 

 

お勧めは、スマートフォンではなくICレコーダーで、可能な限り小型で薄型、長時間の設置を考慮して大容量バッテリーのものです。

 

スマートフォンでも構わないのですが、隠して設置となると、意外に大きくて設置場所が制限されるのと、もしあなたが普段から使っているスマートフォンを設置すると、あなたがプライベートで不便になってしまうので、ICレコーダーを購入した方が安全に証拠集めが出来ます。

 

 

録音方法は動画撮影と同様に、録音機械を隠して設置する事になりますが、動画撮影の様にカメラ位置の選定の必要が無いので、設置場所がカメラとは異なります。

 

妻と間男に見つからず、尚且つ音声が拾える場所に録音機械を設置する事が求められます。

 

 

 

録音機械を仕掛ける事が可能な場所の候補は、以下の場所が挙がります。

 

自宅の中

 

車の中

 

妻の鞄の中

 

これらについて詳しく解説していきます。

 

 

 

 

自宅の中に録音機械を設置する場合

 

あなたの自宅に録音機械を設置する行為は、純粋に妻と間男の不倫と言う不法行為を暴くためなので、法的に問題はありません。

 

設置しやすくばれない場所を選んで下さい。

 

 

但し、テレビの近く等、他の音が大きく入る様な場所への設置は避けた方が良いでしょう。

 

 

録音機械が見つからない為の工夫として、普段、人が目にする事の無い場所への設置は当然となります。

 

 

とは言え、ソファの下の床面に直置きした場合、普段は誰も見ない場所であっても、間男が来るからと気合を入れて掃除をして録音機械が見つかってしまうかもしれません。

 

妻と間男がソファの近くで性交渉を行った場合も、はずみでソファの下に視線が行ってしまうかもしれません。

 

 

 

常に見つかってしまうリスクを想定して、ソファの下面や額縁、壁掛け時計の裏側ににテープで貼り付ける等、ひっくり返さなければ見つける事が出来ない程度の設置の工夫は怠らないで下さい。

 

 

 

 

車の中に録音機械を設置する場合

 

車の中は妻と間男にとって絶好の密室となるので、かなり際どい会話を録音出来る可能性が高いです。

 

私が車の中にICレコーダーを設置した時は、妻と間男の性交渉の音声が撮れてしまいました。

 

 

 

録音機械を設置する際は、シートの下などにテープやマジックテープで固定して、車の急な動きで動かない様にして下さい。

 

サンバイザーに挟んだり、シートのポケット等に忍ばせると、見つかるリスクが高くなるのであまりお勧め出来ません。

 

 

 

録音機械を設置するポイントは、妻と間男の会話を拾いやすくする為に、マイク部分を外側にする事です。

 

 

それと、車に録音機械を設置する事を前提にICレコーダーを購入する場合は、ノイズキャンセラー機能がついていたり、小さな音を出来るだけ拾ってくれるものを選びましょう。

 

車内は、エンジン音を始めとしてノイズが入りやすいと言われています。

 

 

ちなみに私の場合は、Amazonの3,000円クラスのICレコーダーで十分高品質な音声を録音出来たので、必ずしも値段が全てではないとは思いますが・・・。

 

 

 

 

 

妻の鞄の中に録音機械を設置する場合

 

妻の鞄の中に録音機械を上手く設置出来れば、車の中以上に妻と間男の際どい会話を入手可能です。

 

鞄は常に持ち歩くので、そのままラブホテルに持ち込む事になります。

 

 

私もこの方法で、妻と間男のラブホテルの入室の機械音声の案内から、性行為の音声も録音出来ました。

 

 

 

録音機械の設置場所は、鞄の底をお勧めします。

 

女性用の鞄は、二重底になっているものが多く、鞄の形を保つ為の底をめくると、ばれずに録音機械を設置する事が出来ます。

 

 

但し、録音機械自体の厚みがあると、鞄の底が盛り上がってしまい、妻にばれてしまう可能性が高くなるので、比較的薄いUSB型のICレコーダーをお勧めします。

 

 

中には鞄ではなく、妻の服に録音機械を忍ばせる人もいますが、私はお勧めしていません。

 

服は、内ポケットくらいしか設置場所が無く、ばれやすいです。

 

 

器用に服の生地の中に縫い付ける方法もありますが、妻側から器物破損罪に問われる可能性もあるので、やめておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

妻と間男の不倫現場を撮影、録音する行為は犯罪行為となるのか?

 

妻と間男の不倫現場の動画、音声を示談交渉や裁判に証拠として提出すると、まず間違い無くこちらに対する「プライバシーの侵害」を主張してきます。

 

 

それでは実際に、妻と間男の不倫現場の動画、音声を撮影、録音した場合、罪に問われるのでしょうか?

 

 

答えは、ほぼNOです。

 

 

 

単なる興味本位で妻のプライベートを覗き見る行為は、一般的に禁止されていて、プライバシーの侵害に該当してしまいます。

 

 

 

しかし、妻と間男の不倫の証拠を手に入れる為の行為は、あなたが妻と間男に不倫をされたと言う不法行為に対する、防衛行為となります。

 

 

よって、妻がいくらあなたに対して「プライバシーの侵害で訴えると」息巻いたとしても、不倫と言う不法行為が全面的に表に出る為、あなたの妻と間男の不倫の証拠探しの行為は、不問とされる事が多いです。

 

 

妻と間男の不倫が無ければ、妻のプライベートを覗き見る行為がそもそも存在しなかった

 

と言う流れが成立するのです。

 

 

しかし、妻と間男の不倫の証拠集めの為とは言え、当然全ての行為が容認される訳ではありません。

 

 

隠しカメラや録音機械を設置できる場所は、自宅、所有車等、あくまでも自己の所有する範囲のものに限られます。

 

妻の車や鞄の中も、夫婦共有の財産扱いとはなりますが、弁護士によっては不倫の証拠として使用するのをお勧めしない場合もあります。

 

 

 

 

絶対にしては行けない事は、間男の家に侵入して隠しカメラを設置する行為で、住居侵入罪、器物損壊罪に問われてしまいます。

 

 

覗きや盗撮に関する直接の罪名は存在しないので、住居侵入罪が適用される事になります。

 

また、隠しカメラを設置する為に壁に穴を開ける等の行為をしてしまうと、器物損壊罪に該当してしまいます。

 

 

住居侵入罪は、3年以下の懲役又は、10万以下の罰金、器物損壊罪は、3年以下の懲役又は、30万円以下の罰金若しくは科料となります。

 

 

 

違法な手段で手に入れた動画は、いかなる理由があっても不倫の証拠として認められる事は無いので、十分に注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻と間男の不倫現場の動画、音声の確認は覚悟が必要

 

隠しカメラや録音機械を設置して妻と間男の不倫現場の動画や音声を入手出来たら、実際に不倫の瞬間が撮れているかどうかの確認をしなければなりません。

 

しかし、その確認作業にはあなた自身覚悟が必要になります。

 

 

何故なら、自宅や車内、ラブホテルの中等を隠し撮りをする以上、その中で行われる行為を見たり聞いたりしなければならないからです。

 

愛する妻が、間男とあなたの悪口を言い合っていたり、性行為をしている場面は、あなたにとって想像以上の精神的ダメージを与える事になるでしょう。

 

 

辛く苦しい事になるかもしれません。

 

我慢出来ずに、妻に即座に間男との不倫を攻めたくなるかもしれません。

 

それでもじっと耐えなければいけません。

 

 

 

あなたにとってどんなに辛い内容が撮れていたとしても、あなたにとって有利に示談交渉や裁判を進めていく為には必要な作業になります。

 

 

あなたの心からの怒りは、示談交渉や裁判で不倫の証拠として提出する事で不倫をした妻と間男にぶつけましょう。

 

 

 

 

更に確実な妻と間男の不倫の証拠を手に入れたい人は、こちらの記事をご参考下さい。

不倫した妻と間男に確実に制裁できる証拠とは?あなたが泣き寝入りする必要はありません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

妻と間男の不倫現場の動画、音声を入手する方法を解説しました。

 

 

自分で撮影する方法と、隠しカメラ、ICレコーダー等の録音機械を設置する方法がありますが、基本的に設置する方法をとる事になると思います。

 

 

第一に優先すべき事は設置した機械、又は機械を設置する際に妻にばれない様にする事です。

 

ばれてしまっては元も子もありません。

 

 

妻と間男に一気に警戒されてしまうのはもちろんですが、逆にあなたが訴えられる可能性もあります。

 

 

 

そして決してばれない場所に設置する事は勿論ですが、設置の瞬間を妻に見られない様にする事も重要です。

 

特に、妻の鞄や車の中に録音機械を設置する際に見つかってしまう可能性が高いです。

 

 

妻の行動をしっかり監視して、隠しカメラや録音機械の設置は絶対にばれない様にしましょう。

 

 

皆様のご参考になれば幸いです。

 

 

あなたの手に入れた妻と間男の不倫の証拠を有効に活用する為には、弁護士に依頼するのが確実です。

 

こちらからあなたと相性の合う弁護士を探してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
妻と間男への制裁を確実に与えよう!!
管理人プロフィール

管理人:ジュン

妻にW不倫されても、前向きに、負けずに生きていく方法を探しながら頑張っています。
不倫された際にするべき事、私自身が不倫された時の体験談を書いていきます。
負けずに生きていきましょう!!

カテゴリー

ページの先頭へ

不倫 サレ夫 慰謝料請求 不倫調査 離婚調停 不倫裁判