不倫の証拠に妻と間男のメール、手紙、メモのやり取りは使えるのか?集め方を教えます!

皆さんこんにちは、ジュンです。

 

 

 

妻と間男の不倫が発覚したら、殆どの人はその証拠探しに右往左往する事になります。

 

 

 

現に私自身も、妻の不倫が発覚してからは、どんな小さな証拠も逃さないつもりで探しまくりました。

 

正に這いずり回ったと言っても良いと思います(笑)。

 

 

 

不倫の証拠と呼ばれるものは様々なものがありますが、比較的手に入れやすいものに、

 

メール、手紙、メモのやり取り

 

があります。

 

 

 

裁判でも妻と間男のメール、手紙、メモのやり取りは証拠としてよく使用されます。

 

 

 

特に、近年はLINEの普及により、隠れたやり取りが簡単に出来る様になった為、不倫のやり取りはLINEが多くなっています。

 

それに伴い不倫がばれるのもLINEからと言うのも、非常に増えています。

 

 

 

それでは、実際に妻と間男のメール、手紙、メモのやり取りは、証拠としてどの程度の効力があるのか、その集め方について解説していきます。

 

 

 

妻と間男の不倫の証拠集めの参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メール、手紙、メモのやり取りは不倫の証拠として通用するのか?

 

不倫の証拠を集める側として一番気になる事が、妻と間男のメール、手紙、メモのやり取りが、実際に不倫の証拠として通用するのか、と言う事だと思います。

 

 

しかし残念ながらメール、手紙、メモのやり取りはラブホテルを出入する写真とは違い、不倫の証拠としては弱くなってしまう傾向にあります。

 

 

 

 

メール、手紙、メモのやり取りが、内容やそれぞれの状況によって証拠力が変わってきます。

 

あなたの手に入れた妻のメール、手紙、メモのやり取りが、実際にどの程度の証拠力があるのかは、弁護士に相談するのが一番確実です。

 

こちらからあなたに合う弁護士を探してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

不倫の証拠の定義とは、

 

客観的に見て不倫をしている(肉体関係がある)と明らかに分かるもの

 

である事です。

 

 

それは、メール、手紙、メモのやり取りであっても同様で、写真と違い文章で不倫を証明する必要があり、そこが難しい部分でもあります。

 

 

 

「好き」、「愛してる」、「会いたい」等の内容では不倫をしているかどうかの確定事項にはならず、いくらでも言い訳をされてしまいます。

 

 

「この前の君は最高だったよ」、「またしたいね」等のこちらから見れば、明らかに不倫をしているであろう内容であっても、ただ単にその一文だけでは具体的に何についての事なのかが明確でないと、不倫の証拠としては弱くなります。

 

 

 

ラブホテルに行く約束をしいる

 

その感想等を述べている

 

恋愛関係を思わせるやり取りをしている

 

これらが明確になっている事が重要になってきます。

 

 

その為、メール、手紙、メモのどれであっても、殆どの場合、複数回やりとりしているものが必要であり、上記三つの流れを揃えていかなければいけません。

 

 

そうなると、複数の証拠を得る為に行動を起こさなければなる可能性が増えてくるので、不倫を疑っている事がばれるかもしれないリスクがある事を理解しておいて下さい。

 

 

 

以上の様な事から、メール、手紙、メモのやり取りのみを不倫の証拠として裁判で活用するのは基本的に難しいと言えます。

 

 

 

もし、あなたが手に入れた妻のメール、手紙、メモのやり取りに、肉体関係をはっきり証明する内容が無い場合は、他の証拠と組み合わせましょう。

 

 

そうする事により、証拠全体から妻と間男の不倫を証明出来る可能性が飛躍的に高まります。

 

 

 

 

妻と間男の不倫を証明するその他の証拠については、こちらの記事をご参考下さい。

妻の不倫の証拠にはどんなものある?使えるものを解説します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メール、手紙、メモのやり取りを手に入れる方法

 

次に、実際に妻と間男のメール、手紙、メモのやり取りを手に入れる方法について解説していきます。

 

 

とは言え、間男からの入手はほぼ不可能なので、妻側からの入手になると思います。

 

 

 

デジタル形式であるメールとアナログ形式である手紙、メモは、入手方法が若干変わるので、それぞれを解説していきます。

 

 

 

 

 

メールのやり取りの入手方法

 

妻の携帯電話、スマホからメールのやり取りを不倫の証拠として手に入れるには、当然、妻の携帯電話、スマホを盗み見ると言う行為が必要になります。

 

例え妻や家族間のメールであろうと、勝手に覗く行為はプライバシーの侵害にあたりますので、この事は念頭に置いて下さい。

 

 

ただし裁判においてメール画像の入手は、不倫と言うあなたの平穏な夫婦生活を脅かす行為に対する防衛なので、妻側がプライバシーの侵害を訴えても不問に処される事が多いです。

 

 

とは言え、すべての行為が許される訳では無いので、注意事項について解説していきます。

 

 

 

 

写真で撮影する事

 

メールの内容は、手書きで書き写すのではなく必ず写真で撮影しましょう。

 

手書きでは、それが真実である事の証明が出来ないので、不倫の証拠として通用しません。

 

 

 

写真で撮影する際は、

 

送信者

 

受信者

 

送受信の日時

 

を分かる様にしておかなければなりません。

 

 

そして、間男と連続したやり取りがある場合は、全て撮影しておいて下さい。

 

 

それらを組み合わせる事により、不倫関係が分かる一つの文章として完成させる事が出来ます。

 

 

 

ラインでやり取りしている場合は、スクロールしていけば過去のやり取りに遡れるので、順番に撮影しておきましょう。

 

 

 

 

 

動画撮影でも可能

 

メールのやり取りが大量にある場合は、動画での撮影も有効です。

 

しかし裁判で証拠として提出するには、紙媒体である必要があるので、動画の内容の必要部分をスクリーンショット等で写真として出せる様にしておかなければなりません。

 

 

 

 

 

スクリーンショットでの保存はしない

 

妻の携帯電話やスマホでスクリーンショットを撮ってあなたの携帯電話やスマホにメールで送る事はしないで下さい。

 

スクリーンショットは画面しか写らないので、偽造、加工の疑いをかけられたり、妻が「これは自分の携帯電話、スマホではない」と言ってくる可能性があります。

その上、あなたへ送ったメールの送信履歴が妻の携帯電話やスマホに残ってしまうので、送信履歴の消去の手間が増えてしまいます。

 

 

苦労の割には証拠として弱く、お勧め出来ません。

 

 

 

 

 

 

携帯電話やスマホの外観も撮影する

 

メールの内容だけではなく、携帯電話やスマホの外観も撮影しておく必要があります。

 

 

スクリーンショットの画像と同様に、「これは自分の携帯電話、スマホではない」と言ってくる可能性があります。

 

 

 

全ての写真に外観を入れる必要はありませんが、写真数枚につき一枚は外観を入れる事を心掛けましょう。

 

 

 

 

 

 

撮影した写真はプリントしておく事

 

撮影したメールのやり取りの内容を裁判で使用する場合は、基本的に写真にプリントアウトして提出しなければいけません。

 

 

弁護士に不倫の示談交渉を依頼し、証拠として提出する際も、デジタルデータのままではどこでも見れる訳では無いので、親切とは言えません。

 

 

プリントアウトした写真が複数ある場合は、送受信日時順に番号を振り、メールのやり取りとして誰が見ても分かる様にしておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手紙やメモのやり取りの入手方法

 

手紙やメモのやり取り自体は、物として残ってしまう上に、今はラインで簡単に間男とやり取りが出来てしまうので、実際に行っている人は多くないと思います。

 

 

しかし、メールの履歴から不倫が発覚してしまうのを恐れて、敢えてこっそりと手紙やメモのやり取りでラブホテルに行く約束をする場合もあります。

 

 

手紙やメモのやり取りと言っても郵送ではなく、職場内等、比較的近い距離で不倫をしている際にこっそり手渡ししている場合がほとんどです。

 

 

そう言った手紙やメモのやり取りの入手方法について解説していきます。

 

 

 

 

 

 

妻の鞄や服のポケット等から探し出す

 

妻の外出、入浴、就寝時に鞄の中や服のポケットを探す事によって、間男とやり取りした手紙やメモが見つかる可能性があります。

 

 

不倫の証拠隠滅の為に、手紙やメモは読んだらすぐ処分される事が殆どですが、稀にそのまま処分されずに残っている事もあります。

 

中には、間男が愛しすぎるあまりなのか、手紙やメモを溜めて隠しておいたものを見つけたという事例も存在します。

 

 

 

私の場合は、タンスの中の裏側から間男からのメモ書きが出てきた事があります。

 

妻がタンスの中に隠して、そのまま忘れてしまったものの様でした。

 

 

 

もしそれらを見つけたら、そのままあなたが保管するよりも写真を撮影した方が良いでしょう。

 

隠してあるはずの手紙やメモが急に無くなってしまうと、妻にこちらが不倫を疑っている事がばれてしまう可能性があるので、写真を撮影出来るのであれば、手紙やメモは元に戻しておいた方がばれずに済みます。

 

 

一度だけでなく定期的に探してみて、写真を撮影した日時が分かる様にしておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

ごみ箱等を探す

 

妻が手紙やメモを処分する際に、油断して自宅のごみ箱の中に捨てる事もあります。

 

いやらしく思えるかもしれませんが、不倫の証拠を集める為には細かなところまで探していかなければいけません。

 

 

もし見つける事が出来たら、廃棄物なのでこちらが持っていても問題ありません。

 

 

それでも念の為に、写真を撮影して保存しておく事をお勧めします。

 

 

 

こちらが妻の不倫を疑って、内密に探りを入れている以上、向こうもこちらに不倫を疑われているかもしれない事を考える可能性があります。

 

 

つまり、妻の不倫の証拠集めの全てに言える事ですが、妻もこちらが握っているかもしれない不倫の証拠をこっそり探している可能性があると言う事です。

 

 

 

万が一、妻に見つかって処分される事を考慮してバックアップは確実に取っておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻のメール、手紙、メモのやり取りを盗み見る事は罪に当たるのか?

 

妻と間男の示談交渉や裁判で、妻のメール、手紙、メモのやり取りを証拠として提出した場合、まず間違い無く向こうは、妻の私物を盗み見た事を責めてくるだろうと思って下さい。

 

 

一般的に、例え家族であろうと人のものを盗み見るのは、良い行為ではありません。

 

逆の立場であっても決して決していい気分にはならないはずです。

 

 

 

では、妻のメール、手紙、メモのやり取りを盗み見る行為は、実際に法的な責任は問われるのでしょうか?

 

 

それそれのケースについて解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

妻のメール、手紙、メモのやり取りを盗み見た場合

 

こちらが妻と間男の不倫の証拠として、メール、手紙、メモのやり取りを提出した場合、向こうの反応として考えられるのは、

 

「そんなものはでっち上げだ」

 

「勝手に見るのはプライバシーの侵害だ」

 

これらの事を主張してくる可能性が考えられます。

 

 

しかし、実際にこれらの主張がぶつかり合った時に有利なのは不倫の証拠であり、こちら側のメール、手紙、メモのやり取りを盗み見た行為は、不問にされる事が殆どです。

 

 

妻のメール、手紙、メモのやり取りを盗み見る行為は、元々妻と間男の不倫と言う不法行為から始まっている事なので、「メール、手紙、メモのやり取りを勝手に見られて許せない」と言う妻と間男側の主張は根本的に理屈が通らないと解釈されてしまいます。

 

 

ただし、別居中の妻の住居や間男の住居に侵入してメール、手紙、メモのやり取りを盗み見る行為は、住居侵入罪が成立して立派な犯罪行為となってしまいます。

 

住居侵入罪の刑罰は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金刑となり、一転してあなたが罪に問われる立場になりますので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

妻のメールに不正アクセスした場合

 

パソコンに詳しい人や妻のメールのIDやパスワードを知っている場合は、妻の携帯電話やスマホ以外の端末からアクセスして、メールの内容を盗み見る事を考えてしまうかもしれません。

 

しかし、実際にその様な行為は、不正アクセス禁止法と言う犯罪行為に該当してしまうので注意が必要です。

 

 

例え夫婦間であったり、不倫の調査の為であっても言い訳は出来ません。

 

 

不正アクセス禁止法の罰則は、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑と言うかなり重いものとなります。

 

 

しかも不正アクセスは、妻側にばれる可能性があり、例えばGmailの場合は、妻のスマホ以外の端末からアクセスすると、妻のスマホにGoogleから通知が届くシステムになっています。

 

 

 

 

 

 

 

封をされている手紙を開けた場合

 

妻の私物から不倫の証拠を探して、封をされている怪しい封筒を見つけたとします。

 

 

もしあなたが、それを勝手に開けてしまうと、信書開封罪に問われる可能性があります。

 

 

信書開封罪とは、正当な理由も無く封がしてある信書を開ける事によって成立する個人の秘密を侵害する犯罪です。

 

 

例え不倫の証拠集めの為であっても、封がしてある信書を開けてしまうと、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金刑となってしまいますので、封がされている封筒があって気になったとしても、ぐっと堪えて開けてしまわない様にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

妻のメール、手紙、メモのやり取りを妻と間男の不倫の証拠として探す際のポイントと注意事項について解説してきました。

 

 

メール、手紙、メモのやり取りのみでは、不倫の証拠としては必ずしも強いとは言えませんが、他の証拠と組み合わせたり、補完する形で示談交渉や裁判の場で提出する事で、あなた自身をを有利な立場に出来ます。

 

 

 

しかし、妻のメール、手紙、メモを見つける為には、妻の私物を探さなければならないので、かなりの勇気とタイミングが必要になります。

 

 

妻には絶対にばれない様にする事

 

違法な探し方はしない事

 

 

 

最低限、上記2つに気を付けて行動を起こして下さい。

 

 

 

皆様の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

不倫の確実な証拠を手に入れたい場合は、こちらの記事をご参考下さい。

不倫した妻と間男に確実に制裁できる証拠とは?あなたが泣き寝入りする必要はありません!!

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
妻と間男への制裁を確実に与えよう!!
管理人プロフィール

管理人:ジュン

妻にW不倫されても、前向きに、負けずに生きていく方法を探しながら頑張っています。
不倫された際にするべき事、私自身が不倫された時の体験談を書いていきます。
負けずに生きていきましょう!!

カテゴリー
コメント

    ページの先頭へ

    不倫 サレ夫 慰謝料請求 不倫調査 離婚調停 不倫裁判