妻と間男の不倫現場の写真は自分で撮影出来るのか?確実な証拠を集めよう!

皆さんこんにちは、ジュンです。

 

 

 

妻と間男の不倫が発覚して、もしあなたが離婚、慰謝料請求を考えているのであれば、不倫の確実な証拠が必要になります。

 

 

 

不倫の証拠の中で最も効果があるものは、

 

妻と間男の不倫現場の写真

 

と言われています。

 

 

 

しかし不倫現場の写真を手に入れるのは、並大抵の事でありません。

 

 

それでも、妻と間男の確実な不倫の証拠を手に入れる為には、行動を起こさなくてはいけません。

 

 

 

今回の記事では、

 

妻と間男の不倫現場の写真は自分でも撮影出来るのか?

 

について解説していきます。

 

 

妻と間男の不倫の証拠全般についてはこちらの記事をご参考下さい。

妻の不倫の証拠にはどんなものある?使えるものを解説します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫現場の写真の重要性について

 

示談交渉や裁判で、妻と間男が自らの不倫を認めなかった場合、こちらが不倫の証拠を提出して不倫の事実を証明しなければなりません。

 

 

不倫の証拠の中には、不倫を認めさせるには強いものと弱いものがあります。

 

 

不倫の証拠として弱ければ、妻と間男は間違い無く抜け道を探して言い逃れをして来るので、示談交渉や裁判は長期化の可能性が出て来ます。

 

 

逆に不倫の証拠が強い程、妻と間男に言い逃れの道をシャットアウトする事が出来ます。

 

 

不倫の示談交渉や裁判で一番強力であると言われているのが、不倫現場の写真です。

 

 

妻と間男がどの様な見苦しい言い訳をしてこようと、不倫の現場写真を提出すれば、ぐうの音も出せない様に立ち回りをしていく事が十分に可能なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫現場の写真はどの様なものが有効なのか?

 

妻と間男が不倫をしている瞬間の写真は、状況により様々なものがあります。

 

 

内容によって、裁判で不倫の証拠として認められない、または弱いとされる場合があるので、証拠としての効力をしっかり確認しておきましょう。

 

 

 

下図は、不倫に関する写真の証拠としての重要度をまとめたものです。

 

 

全般としては、加工や捏造を疑われない為にデジカメ等のデジタルデータではなく、フィルムで撮影されたカメラでなければいけません。

 

 

 

それぞれについて解説していきます。

 

 

 

 

 

性交渉をしている写真

 

不倫現場の写真として、問答無用で強力なものは、やはり性交渉をしている写真です。

 

 

しかし、妻と間男が性交渉をしている写真を撮影する事は、現実的に非常に難易度が高く、裁判でも持ち出された例はそれほど多くありません。

 

 

その上、妻と間男の顔がはっきりと写っている必要があるので、難易度の高さに拍車を掛ける事になります。

 

 

 

 

 

ラブホテルから出入する写真

 

妻と間男の性交渉をしている写真の撮影は非常に難しいので、殆どの場合は、妻と間男がラブホテルに出入している写真を使用します。

 

 

何故なら、ラブホテルのは基本的に性交渉をする為の施設なので、そこから出入するという事は、性交渉をする事が目的であるのが一般的な考え方であるからです。

 

 

 

裁判で不倫の証拠として認められる為には、妻と間男の顔が判別出来る事は勿論の事、ラブホテルに入るところと出るところの両方を撮影しなければなりません。

 

 

ラブホテルに入るところと出るところの両方の写真が無いと、妻と間男側から「ラブホテルに入ったけど何もしないですぐに出た」と言い逃れをされてしまいます。

 

 

そして同時に必要になってくるのが、ラブホテルに滞在していた時間の長さです。

 

 

性交渉をするには、ある程度の時間を要するので、10分程度の時間ではいくらラブホテルに出入りしている写真があったとしても、不倫の証拠として認められない事が多いです。

 

 

最低でも、1時間以上の滞在時間が必要であるとされています。

 

 

ただし、時間の合間を縫ってラブホテルに入る輩達も存在するので、滞在時間が30~40分程度でもラブホテルに通う回数を証明出来れば、十分に不倫を立証可能です。

 

 

 

 

 

 

 

お互いの自宅を出入している写真

 

妻と間男のお互いの家を出入りしている写真の場合は、妻と間男のどちらかしか出入りが無いと、自分一人しかいなかったと言い訳されるので、二人一緒に出入りしているものが必要になります。

 

 

滞在時間に関してですが、1時間程度あったとしても、ラブホテルと違い性交渉をしていたと立証するのが難しいので、出来れば2時間以上のものや宿泊しているものが複数回分求められます。

 

 

 

妻と間男の不倫関係の確実性を持たせる為に、キスをしている写真や手を繋いでいる写真がセットになっていれば理想的です。

 

 

 

 

 

 

 

旅行等、出掛けている写真

 

所謂、不倫旅行をしている事が明らかな写真も裁判で証拠として認められる事があります。

 

 

その場合も、宿泊している旅館、ホテル等に妻と間男が二人で出入りしている写真が必要になります。

 

 

ただ単に出掛けているだけの写真は、不倫関係を証明しているものとしては厳しいと言えます。

 

 

 

一般的に、既婚者が自分の配偶者以外の異性と旅行や出掛ける事自体が常識ではありえない事ですが、不倫をする人間は当たり前の様に否定してくるので、否定されれば立証が必要になってきて、こちらにとっては非常に面倒な事ではあります。

 

 

どちらにしても、キスをしている写真、手を繋いでいる写真等やその他の証拠と組み合わせて
強いものにしていかなければいけません。

 

 

 

 

 

 

キス、抱き合っている写真

 

既婚者でありながら他の異性とキスをしたり抱き合ったりする事は、不倫してるだろうと普通は思うのですが、残念ながら不倫の証拠として認められるのはかなり厳しいと言えます。

 

何故なら、不倫の定義として、肉体関係がある事が必要なので、キスや抱き合っている写真だけでは、「ふざけてやった」、「練習だった」等の言い訳をされてしまうからです。

 

 

しかし、旅行をしていたり、妻と間男の自宅を出入している写真等、その他の証拠と組み合わせる事によって、不倫を証明する事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

手を繋いで歩いている写真

 

こちらも、キス、抱き合っている写真同様、不倫の証拠としては弱いです。

 

 

やはり、その他の証拠と組み合わせる事が重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫現場の写真を撮影するポイント

 

不倫のどの様な状況の写真が証拠として認められるかを説明してきましたが、例え状況的に認められても妻と間男の写真の写り方に問題があれば、不倫の証拠として認められない場合があります。

 

 

自分で妻と間男の不倫現場の写真の撮影を考えているのであれば、撮影のポイントを押さえておきましょう。

 

 

 

 

押さえるべきポイントは以下の通りです。

 

撮影日時がはっきりしている事

 

妻と間男の顔が認識出来る事

 

建物の外観、周囲の景色が写っている事

 

これらについて解説していきます。

 

 

 

 

 

撮影日時がはっきりしている事

 

妻と間男の不倫の写真が撮影出来ても、そこに日時が記録されていないと意味がありません。

 

口頭で「これは何月何日の何時何分に撮影したものだ」と主張しても、相手は反論してきます。

 

 

今のカメラは日時を写真に入れる事の出来る機能があるものが殆どなので、撮影前に必ず日時の設定をしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

妻と間男の顔が認識出来る事

 

当たり前の事ですが、妻と間男の顔が写真に写っていないと、不倫の証拠として立証出来ません。

 

これも当たり前のように、妻と間男は「自分達ではないと」平然と言ってくるのです。

 

 

不倫現場の写真は、夜間に撮影する事も多いので鮮明とまでは行かなくても、妻と間男であると分かるくらいにはしておかなければなりません。

 

 

とは言っても全ての写真に、顔が写る必要はありません。

 

 

妻と間男を尾行して撮影する必要がある以上、後姿の写真があるのは致し方ありませんが、ラブホテル等の建物から出てくる写真が正面から撮影されているものであり、尚且つ妻と間男の服装が写真全体を通して同じであれば、問題ありません。

 

 

 

 

 

 

建物の外観、周囲の景色が写っている事

 

ラブホテルに出入りする妻と間男の写真が撮影出来たとしても、二人の姿が大き過ぎてどこの建物から出て来たのか分からないと、本当にラブホテルなのかと疑問に思われてしまいます。

 

 

建物の外観や看板、周囲の風景を撮影する事を意識しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻と間男の不倫現場の写真は自分で撮影できるのか?

 

これまでの説明で、自分で妻と間男の不倫現場の写真を撮影するのは、かなりの難易度がある事が理解出来たと思います。

 

 

実際、タイミングや運がかなり良くないと撮影出来ません。

 

 

その上、高度な撮影テクニックとばれない様にする事が、とても重要になってきます。

 

 

あなたが、妻と間男の不倫を疑っているだけでなく、後を付けて写真を撮ろうとしている事がばれてしまえば、証拠の隠滅を図られてしまい、もう二度と妻と間男の不倫の尻尾を掴めなくなってしまうでしょう。

 

下手をすれば、あなたが責められる側になってしまいます。

 

 

それでも、「どうしても自分で妻と間男の不倫現場を撮影したい!」と考えている人は、以下の項目に注意しなければいけません。

 

自分の姿や隠しカメラの設置が決してばれない事

 

どの様な状況でも撮影出来るカメラを使用する事

 

自分自身が不審者扱いされない事

 

 

それぞれについて解説していきます。

 

 

 

 

 

自分の姿や隠しカメラの設置が決してばれない事

 

妻と間男は自分達が世間一般的に良くない事をしている自覚はあるので、不倫中は周囲に知り合いがいないかどうか、誰かに見られていないかを非常に警戒しています。

 

 

そんな二人を見つからない様に尾行するのは、かなりのテクニックを必要とします。

 

車で追いかける場合も、近づきすぎてもあなたの車である事がばれてしまう可能性がありますし、あまり離れてしまうと信号や曲がり角で引き離されてしまうかもしれません。

 

 

中にはレンタカーで追跡する強者もいますが、妻と間男の運転する車のバックミラー越しに貴方の顔が写ってしまった・・・と言う事もあります。

 

 

もし、ラブホテルに行く事が予想されるのであれば、予め妻と間男が入りそうなホテル付近で待ち伏せする方法もあります。

 

 

ばれない様に尾行する事は、不倫現場の写真を撮影する為の第一歩になります。

 

 

 

また、あなたの自宅に隠しカメラを設置する場合も見つからない様に注意が必要です。

 

今は、小型で高性能な隠しカメラを通販でも簡単に購入する事が出来、妻と間男があなたの自宅で不倫行為をする可能性が高ければ、事前に隠しカメラを設置して写真を手に入れる事が出来るかもしれません。

 

 

 

しかし、間男の家に侵入して隠しカメラを設置する事は、犯罪行為に該当するので決して実行してはいけません。

 

 

 

 

 

 

どの様な状況でも撮影出来るカメラを使用する事

 

不倫現場の写真を撮影する状況は、必ずしも好条件とは限りません。

 

むしろ、夜間であったり、距離が離れていたりと撮影条件が悪い事が多く、カメラの機能も高性能なものが求められます。

 

 

しかも、ファインダー越しの撮影はばれる為、ファインダーを見ないで、尚且つぶれない為の撮影技術も必要になるので、事前に練習しておかなければなりません。

 

 

 

 

 

自分自身が不審者扱いされない事

 

ラブホテル等の出入りを撮影するとなると、張り込みが必要になる可能性が出てきます。

 

そうなると同じ場所に長時間いる事もあるので、必然的に周囲から目立つ形になってしまいます。

 

 

 

特にラブホテルは駐車場内に監視カメラが設置されているところもあり、妻と間男を待ち伏せしていたら不審者、不法侵入者として通報されてしまった例もあります。

 

 

 

妻と間男の不法行為の証拠を掴むのに必死になりすぎて、あなた自身が不法行為を犯さない様に、不自然な行動や不審者と間違われるような場所で待ち伏せする事は避けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫現場の写真撮影はプロに依頼するのが一番

 

自分自身で妻と間男の不倫現場の写真を撮影する事は、難易度、リスク共に非常に高く、カメラ等の必要機材を揃えなければなりません。

 

 

 

また、尾行する為に時間を割かねばならず、あなたの仕事にも影響が出てくる可能性があります。

 

 

そしてそこまでしても、必ずしもいい写真が撮れるとは限りません。

 

 

様々な苦労をして、無駄に終わらせてしまうよりも、プロである探偵業者に依頼した方が確実に妻と間男の不倫現場の写真を手に入れる事が出来ます

 

 

 

探偵業者は、専門の撮影機材を持っていて、尾行、撮影の訓練を受けているので、妻と間男にばれる心配もありません。

 

その上、裁判で使える調査報告書を作成してもらえるので、依頼する価値は十分にあると思います。

 

 

 

 

 

探偵業者についての詳しい記事はこちらからご覧下さい。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

不倫した妻と間男に確実に制裁できる証拠とは?あなたが泣き寝入りする必要はありません!!

 

私が依頼した際の実際の写真も確認出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

不倫現場の写真は裁判で非常に強力な証拠となる変わりに、入手は非常に困難になります。

 

 

しかし、妻と間男にあなたが不倫現場の写真を撮影しようとしている事がばれてしまえば、一気に警戒されて、二度と尻尾が掴めなくなる上に、逆にあなたが不利になってしまう恐れがあります。

 

 

 

リスクを抱えて危険を冒すよりも、プロである探偵業者に依頼する事で安心感を得られるので、選択肢の一つとして入れておきましょう。

 

 

 

皆様の不倫問題の解決策の一つになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
妻と間男への制裁を確実に与えよう!!
管理人プロフィール

管理人:ジュン

妻にW不倫されても、前向きに、負けずに生きていく方法を探しながら頑張っています。
不倫された際にするべき事、私自身が不倫された時の体験談を書いていきます。
負けずに生きていきましょう!!

カテゴリー
コメント

    ページの先頭へ

    不倫 サレ夫 慰謝料請求 不倫調査 離婚調停 不倫裁判