不倫にはこれだけの代償が!!不倫をした人間が受ける報いとは?

 

皆さんこんにちは、ジュンです。

 

 

この記事を読んでいる方は、恐らくパートナーに不倫をされて、心から辛い思いをしながら生活をしていると思います。

 

私も、妻に不倫をされて生き地獄の様な日々を乗り切ってきましたので、不倫をされる事の辛さは誰よりも理解しています。

 

 

あなたが、自分がこれからどうすれば良いのか、何が出来るのかを模索しているのであれば、是非当ブログを参考にしてみて下さい。

 

 

 

さて今回は、

 

不倫の代償

 

について触れていきたいと思います。

 

 

 

決して一人で悩まずに法律のプロに相談するのも一つの方法です。

 

 

 

 

不倫をして受ける代償とは?

 

不倫は社会的にも悪とされている行為であり、私自身も昔から不倫に対しての嫌悪感は強く感じていました。

 

 

何故、不倫が良くないのかについては、こちらの記事を読んでみて下さい。

不倫はどうして悪なのか!?不倫がバッシングされる理由とは?

 

 

 

 

不倫が悪とされている一番の根拠は、不倫をする事によって様々な代償を払わなければならないからです。

 

 

前科が付く訳ではありませんが、それでも民法における不法行為に該当するので、不倫は法律に抵触する行為と言えます。

 

 

 

 

慰謝料を請求される

 

民法では、不法行為に対する精神的苦痛を受けた者は、精神的苦痛を与えた者に対し、金銭による損害賠償を請求する権利を与えており、これを一般的に慰謝料と呼んでいます。

 

 

不倫をされて慰謝料請求をすると言う事は、

 

不貞行為をされたことにより、受けた精神的苦痛を金銭により償ってもらう

 

と考える事が出来ます。

 

 

 

基本的に妻に不貞行為をされた場合、法的に出来る最大の攻撃力を持つ制裁は慰謝料請求なので、不貞行為をされて離婚を選択した人は、まず間違い無く慰謝料請求をする事になるでしょう。

 

 

慰謝料の金額は、不倫の状況により変わってきますが、一般的に50万~300万円が相場になります。

 

 

芸能人や高収入の人であればともかく、普通の人が突然何百万円も請求されたら普通の精神状態ではいれないと思います。

 

 

尚、上記の50万~300万円と言う金額は、裁判所の判例であり、個人同士の交渉であれば500万円でも1000万円でも好きな金額が請求出来ます

 

 

慰謝料は、妻だけではなく間男にも請求する事が出来ます。

 

妻と間男の両方に請求しても良し、どちらか片方でも良いのであなたのご随意に、と言ったところです。

 

 

 

不倫による慰謝料請求についてはこちらの記事をご参考下さい。

不倫された際の慰謝料の相場は?請求できない場合があるってホント?

 

 

 

 

 

家庭が崩壊する

 

不倫は、今や夫婦間の離婚原因の第二位と言われています。

 

不倫をした事により離婚、家庭崩壊となれば、後でどんなに後悔しても元には戻りません。

 

例え一時の迷いだとしても手遅れになってしまいます。

 

 

不倫した妻が、最早あなたに未練が無く不倫がきっかけで離婚して願ったり叶ったりだとしても、そう思っているのは不倫をした当事者のエゴであり、子供、お互いの両親、親族に必ず傷跡を残します。

 

 

不倫によって家庭が崩壊、親族にも迷惑を掛ける事による罪悪感に耐えなければいけません。

 

中には不倫をして責められた自らを悲劇の主人公にして、周りの迷惑などお構いなしに何食わぬ顔をしている人もいますが・・・。

私の妻がまさにそれでした・・・。

 

 

ちなみに不倫脳の人は、不倫している自分を正当化しているので、全くこのような事は意に介さない様です。

 

周りが嫌な思いをしていたり、恨まれたり、陰で色々言われているかもしれないのに意に介さないのも、それはそれで幸せであるのかもしれませんね・・・(イロイロな意味で)。

 

 

 

 

 

親権を失う可能性がある

 

夫婦間に子供がいれば、離婚時に親権はどちらかに渡る事になるのが一般的です。

 

 

通常の離婚の場合、親権は母親に渡る場合が多いです。

 

これは、社会的に父親よりも母親の方が、育児を優先する傾向にある事が大きな要因となっています。

 

 

但し、母親が育児放棄をしていた、子供に暴力を振るっていた、子供がある程度の年齢に達していて自ら父親との同居を希望した場合は、父親に親権が渡る可能性があります。

 

 

不倫が原因で離婚の場合も基本的には変わりません。

 

妻の不倫の場合、夫側からすれば「不倫した奴に大事な子供を渡せるか!!」と当然思うでしょう。

 

 

ですが、調停委員や裁判官は不倫と親権は別と言う考えで審議します。

 

不倫をした妻であっても子供に対する愛情があり、育児を行っていれば、母親としての資格は十分にある。

 

と言うのが、裁判所の考え方です。

 

 

父親として非常に悔しい事なのですが、今の司法はこの様に結論付けており、例え妻の不倫が原因で離婚に至ったとしても父親に親権が渡る可能性は低いと言わざるを得ません。

 

 

現在は、上記の様な考え方に懐疑的な意見も増えてきているので、今後はどうなるかは分かりませんが、残念ながら、親権に関しては、

 

妻が不貞行為をしていたとしても、母親に分がある

 

と言うのが現状です。

 

 

それでも、妻が不倫相手に会う為に育児放棄をしていた、父親としての育児実績等をアピールした場合、父親に親権が渡る可能性は十分にありますので、不倫が原因で子供から引き離される事もあるのです。

 

 

ですが、仮に親権が不倫をした妻に渡ったとしても、不倫の事実を子供が知ってしまえば、どう思うでしょうか?

 

自分の親が不倫したと言う事実は子供の心に大きな傷を植え付ける事になります。

 

子供が思春期であれば、心の傷は更に大きくなります。

 

まだ子供が小さく、不倫の意味を知らなくても、いずれは知ってしまうかも知れません。

 

 

子供は不倫をした親を軽蔑の目で見るでしょう。

 

例え親権を手に入れたとしても、子供から軽蔑の目で見られる事に耐えられますか?

 

不倫をした身で、心から子供に対して胸を張り親として接する事が出来ますか?

 

 

 

 

 

 

会社内での信用を失う

 

もし、あなたの勤める会社に不倫をした人がいたらあなたはどんな気持ちになりますか?

 

顔には出さなくても少なからず軽蔑の気持ちを持つはずです。

 

 

会社によっては、不倫等、社内風紀を乱す行為を社則で禁止する所もあります

 

 

不貞行為等で会社を解雇する事は基本的には出来ませんが、それでも何かしらのペナルティを課せられる場合もあります。

 

当然社内の印象も最悪になります。

 

左遷等、出世にも影響したり、格好の噂の的になったりして直接解雇にはならなくても、居辛くなって辞めてしまう人もいます。

 

 

 

社内不倫だった場合はもっと最悪です。

 

ダブルで異動、左遷等の対象になる可能性も出て来ます。

 

 

 

 

 

友人・知り合いから見放される

 

不倫の一般的なイメージは悪いので、もし不倫をした事が周囲の人に知られれば、冷たい目で見られる可能性が高くなります。

 

 

最悪の場合、友人が去ってしまう、ママ友の間柄であれば、子供がいじめの対象になってしまうかもしれません。

 

 

不倫をしたと言う事実はどんなに隠したとしても100%隠しきれる保証はありません。

 

 

もしかしたら不倫された側の人が、あまりの辛さに誰かに相談しているとすれば、そこから絶対に情報が漏れないとは言い切れませんし、間男と会っている所を友人や知り合い等に見られてしまい、知らない間に不倫の事実が広まってしまっているかも知れません。

 

 

友人、知り合いが仮に不倫をした事実を知った後も変わらずに接してくれたとしても、もしかしたら陰で他の人と不倫ネタで盛り上り、馬鹿にしているかも知れません。

 

もしかしたら陰で自分の不倫が誰かに知られているかも知れない、誰かが自分の不倫をネタにして馬鹿にしているかも知れない、と疑心暗鬼になる可能性もあります。

 

 

どちらにしても不倫がばれれば、友人、知り合いに冷たい目で見られる、最悪無くしてしまう事になるでしょう。

 

 

 

 

こちらの記事も読んでみて下さい。

不倫した妻と間男への制裁方法!!法的にOKな制裁はこれだ!

 

 

 

 

まとめ

 

以上、不倫をする事のリスクについて説明しました。

 

不倫にはここまでのリスクがあります。

 

 

不倫で満足するのは、楽しんだ二人だけであり、その周りの人間は大勢苦しむことになります。

 

配偶者、家族、両親、義両親、親族、友人、同僚・・・。

 

 

中には不倫をした人を恨む人も出て来ます。

 

特に、離婚問題に発展すれば、配偶者、不倫相手の配偶者、配偶者の親族には間違いなく恨まれるでしょう。

 

その恨みはとても深いものであり、また、人生の中で何人もの人に恨まれると言う事は、普通に生きていてまずあり得る事ではありません。

 

 

不倫と言うのはそれだけのリスクを負うものなのです。

 

 

不倫をして周りを傷付けた妻と間男に罰を与える事が出来るのはあなただけです。

 

あなたは不倫をした妻と間男に対して一つでも多くの責任を負わせたいと考えるでしょうか?

 

 

勿論、許すと言う選択肢もあります。

 

 

妻と離婚をせずに新たに家族としてやり直す事も出来ると思うので、妻と間男に二度と不倫をしない事と、少なくはなりますが、慰謝料請求のみで終わらせる事も出来ます。

 

 

どちらにせよ、あなた自身がけじめをつける為にも、妻と間男には不倫の責任をきっちりと取ってもらいましょう。

 

 

まずは、不倫の証拠を揃えて有利な離婚への準備をしましょう!!

 

 

調査実績44年、テレビ出演も数多い!

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】


 

 

 

浮気問題に強い女性カウンセラー在籍が魅力!
女性カウンセラーが多数在籍!浮気問題に強いさくら幸子探偵事務所


 

 

 

業界初、大手弁護士グループの探偵社
他社と比較すれば分かる!探偵業界最安値
ALG探偵社



 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
妻と間男への制裁を確実に与えよう!!
管理人プロフィール

管理人:ジュン

妻にW不倫されても、前向きに、負けずに生きていく方法を探しながら頑張っています。
不倫された際にするべき事、私自身が不倫された時の体験談を書いていきます。
負けずに生きていきましょう!!

カテゴリー

ページの先頭へ

不倫 サレ夫 慰謝料請求 不倫調査 離婚調停 不倫裁判