妻の不倫での調停離婚ので弁護士に依頼するメリットは?依頼した方が良いケースとは?

皆さんこんにちは、ジュンです。

 

 

妻の不倫が原因で離婚を決意したら、それに向けた話し合いを妻としていく事になります。

 

 

最初の段階では夫婦のみの協議(場合によっては第三者の仲介もあり)が行われる事になります。

 

しかし夫婦お互いの主張の食い違いが大きくかけ離れていて、協議が成立しなければ家庭裁判所に調停離婚の申し立てをしなければいけません。

 

 

 

調停は原則、調停委員を挟んで当人同士での話し合いですが、弁護士に依頼して代理人として調停の場に同席してもらう事も可能です。

 

 

当然、弁護士に依頼すれば費用は掛かるので二の足を踏む人も多いのですが、弁護士に依頼した方が良いケースもあります。

 

 

 

 

今回の記事では、

 

妻の不倫が原因で調停離婚をする際に弁護士に依頼するメリットと弁護士に依頼した方が良いケース

 

について解説していきます。

 

 

 

調停離婚で弁護士に依頼するか迷っている人は是非参考にしてみて下さい。

 

 

弁護士に頼らずに自分で調停をしようと考えている人は、こちらの記事をご参考下さい。

調停離婚とは?不倫した妻より有利に調停を進めるには?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調停離婚を弁護士に依頼するメリットは?

 

自身でも行う事が可能な調停離婚を弁護士に依頼するメリットはどの様なものがあるのでしょうか?

 

 

以下で解説していきます。

 

 

 

 

 

調停申し立ての手続きを代わりに行ってもらえる

 

調停離婚の申し立ての手続きはそれ程面倒ではありませんが、殆どの人が初めての経験だと思うので、どうしても手探りで行うものになってしまいます。

 

 

自分で調べながらでも申し立ての為の書類の作成は出来ますが、妻の不倫で心が平穏でない状態の時はかなり苦痛な作業となってしまうかもしれません。

 

 

その他にも、仕事が忙しくて時間が無かったりする人にとっても、弁護士に調停の手続きを行ってもらえれば安心する事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

調停時にあなたのサポートをしてもらえる

 

弁護士はあなたの代理人として調停の場に同席して、調停委員に対しての主張のサポートをしてくれます。

 

 

調停本番で調停委員を目の前にすると、緊張してしまい本来言いたかった事を上手く伝える事が出来ない場合もあります。

 

 

 

弁護士は調停の前に打合せを行い、あなたの気持ちや主張内容を把握しておき、調停本番であなたの主張で足りない部分を調停委員に伝えてくれます。

 

 

更に妻の不倫が原因であれば、法的根拠から慰謝料請求等をあなたに有利になる様な説明をしてくれます。

 

あなたが調停委員に伝えたい事を100%に近い形で伝える事が出来るのです。

 

 

 

但し、弁護士に頼り切りではなく、あなたの言葉で調停委員に伝える事も大事になります。

 

 

あなたが調停に出席しないで、弁護士に全てを任せる事も可能ですが、弁護士の多くはあなたにも調停に出席する事をアドバイスしてきます。

 

 

何故なら弁護士の多くは、調停委員に真に気持ちを伝えられるのは当事者であると考えているからです。

 

特に妻の不倫で辛いあなたの気持ちは、あなた自身が伝える事でより強く伝える事が出来ます。

 

 

弁護士はその様なあなたの調停での主張を、全面的にサポートしてくれる存在となります。

 

 

 

 

 

 

あなたの主張を書面にして事前に裁判所に提出してくれる

 

調停申し立ての際に申立書の他に様々な書類を提出する事になりますが、その中に離婚理由を記載する項目があります。

 

 

しかし、記載するスペースは僅かしかないので、書ききれないものに関しては調停委員に直接伝える事になりますが、調停当日は緊張も相まって上手く自分の主張が出来なかったり、伝え忘れがあると、後で後悔する事になります。

 

 

 

そこであなたの主張を整理した陳述書を調停前に提出して、あらかじめ調停委員に知っておいてもらう方法もありますが、弁護士に依頼すると、あなたが本来作成する陳述書を主張書面として代わりに作成してくれます。

 

 

当然、あなたと綿密に打ち合わせをして作成するので、あなたの主張はしっかり反映されますし、弁護士の名前が入るので、妻にかなりのプレッシャーをかける事が出来ます。

 

しかも調停の都度、主張書面を事前に裁判所に提出してもらえるので(妻側から反論があった場合や追加で主張があった場合)、非常に助かると思います。

 

 

 

 

 

 

 

様々なアドバイスをしてもらえる

 

弁護士は調停を行うに当たって、あなたに有利になる様に、時には法律的に無理な主張や慰謝料請求の相場等のアドバイスをもらえます。

 

 

妻に不倫をされて傷付いているとは言え、何をしても許される訳ではありませんので、弁護士はあなたの行動の舵取りをする役割も果たしてくれます。

 

 

 

更に、もし調停不成立で裁判に移行した際も、どの様にすれば良いかも教えてもらえます。

 

 

勿論、そのまま弁護士との契約継続も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調停離婚を弁護士に依頼した方が良いケースとは?

 

調停離婚を弁護士に依頼しないで成立させられる事に越した事はありません。

 

 

余計な費用をかける事もありませんし、慰謝料は全て自分のものになるので、離婚後の生活の為にもなります。

 

 

 

しかし状況によっては弁護士に依頼しないと、不倫された被害者であるあなたが泣き寝入りしたり、必要以上に調停期間が長引いてしまうケースも少なからず存在します。

 

 

 

以下のケースの場合は、弁護士に依頼する事を強くお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

妻が不倫に関して全く反省の態度を見せない

 

協議の段階で妻が全く反省の態度を全く見せない場合は、調停の場でも同じ態度を繰り返す可能性が高いです。

 

 

不倫をされて深く傷付いているにも関わらず、

 

不倫をした事を認めない

 

「不倫をしたけどだから何?」と言う態度を取られる

 

慰謝料を払う意思が全く無い

 

 

 

これでは、あなた自身があまりにも可哀想ですし、新しい人生のスタートを取る為の踏ん切りがつかなくなります。

 

 

話がまとまらないまま、ずるずる調停の回数だけ引き延ばされるよりも、弁護士に依頼する選択をした方が結果的にスピーディーに上手くまとまる可能性が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

妻の主張が嘘ばかりである、または非常識な主張をしてくる

 

不倫をした人間は、自分を正当化する為、または保身の為にとんでもない事を言ってくる場合が多々あります。

 

この状態で調停に突入すると、更にある事無い事を調停委員に主張してくる可能性があります。

 

 

気が付いたら調停委員に暴力夫扱いされていた、生活費を入れないと疑われる等、本来不倫された被害者であるあなたが加害者にされてしまうと言う事も有り得る事です。

 

調停中にこれらの様な発言を妻にされてしまうと、事実でない事を証明するのにかなりの労力が掛かってしまいます。

 

 

 

この様な場合は。弁護士に依頼して冷静に対処してもらう方が、結果としてあなたに有利に調停を進める事に繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

調停委員が妻の味方をしている節がある

 

基本的には調停委員は平等に判断するのですが、人間なので、夫婦のどちらかの味方に偏る事は十分に有り得ます。

 

 

妻の方があなたより圧倒的に口が上手かったり、前述の通り、妻が嘘の主張をしてきて、調停委員がそれを信じている場合は、あなたが不利になってしまう可能性があります。

 

 

 

妻に不倫された事を訴えているにも拘わらず、調停委員があなたに対して好意的でないと感じる場合は、妻側の味方をしている可能性がありますので弁護士の依頼を検討した方が良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻が弁護士に依頼して調停に出席してくる

 

不倫した側が弁護士に依頼する可能性も十分に考えられます。

 

 

弁護士に依頼するのは不倫された側であるイメージが強いですが、不倫した側も当然依頼してきます。

 

 

 

その場合、妻側の弁護士が適正に業務を行ってくれればまだましなのですが、強気な態度で不倫の責任をまるで取るつもりの無い主張をして来たり、妻の暴力を振るわれた等の嘘の主張をそのまま信じて対応されたら、正に最悪です。

 

 

 

基本的に弁護士は依頼人が正直に話をする事を前提とするので、妻の嘘の主張であってもあなたに不利な点があれば、あなたが不倫された被害者であろうが関係無くそこを徹底的に攻めてきます。

 

 

 

不倫されて傷付いた心に加えて弁護士から強気な攻めを直接受ける精神的ダメージはかなり大きなものになります(本当に本当です!)。

 

 

 

 

妻が弁護士に依頼した事は、妻本人が言わなくても調停の事前に家庭裁判所から連絡が来ますので、分かった段階で早目にあなたも弁護士に依頼する事を強くお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で上手く調停委員に主張出来る自信が無い

 

調停の場で自分の主張をするのは、思っている以上に緊張するものです。

 

 

事前に自分の主張をまとめて、どの様な伝え方をしようかと考え、妻がどの様な主張をしてくるかを予想して反論を用意したとしても、調停委員や裁判官を目の前にすると、言いたい事を上手く伝えられない人もいるでしょう。

 

そこに加えて妻が口が達者であれば、調停であなたが不利になってしまう可能性があります。

 

 

弁護士は、事前打ち合わせの際にあなたの考えを希望を理解して、調停の際にあなたが伝えきれなかった事、言い忘れた事をフォローする形で伝えてくれます。

 

 

また、あなたが不利になる内容に対しては、法的に毅然とした態度で反論してくれます。

 

 

 

自分で上手く話す自身が無いと思う人は、弁護士への依頼の検討材料となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弁護士はあなたの強い味方!

 

不倫が原因の離婚なので、一見あなたが有利な様に見えますが、調停の進め方によってはあなたが不利なものばかり押し付けられる可能性も残念ながらゼロではありません。

 

 

特に不倫した妻が自分の不倫を正当化させようと嘘やでっち上げの主張をする等、繰り出される奇行を調停委員が信じてしまった場合はかなり危険です。

 

 

 

当然、調停委員も様々な視点で判断するので、妻の言い分ばかりを信用する訳ではありませんが、力の弱い女性が「夫に暴力を振るわれた」、「子供に暴力を振るう」等の嘘を涙ながらに訴えれば、調停委員は少なからずの可能性としてあなたをその様な目で見てしまうかもしれません。

 

 

 

弁護士はあなたの不利や不安に対して、心強い味方としてあなたをサポートしてくれます。

 

 

もし、妻の主張に嘘やでっち上げがあれば、それをしっかり否定する方法も教えてくれますし、妻が常識外れの要求をしてきた場合は、法的根拠に基づいて拒否してくれます。

 

 

勿論、あなた自身も弁護士に頼りきりではなく、様々な準備が必要になります。

 

例えば、妻が不倫を認めていないのであれば、不倫の証拠が必要になってきます。

 

 

 

不倫の証拠を自力で集める方法はこちらの記事をご参考下さい。

妻の不倫の証拠にはどんなものある?使えるものを解説します

 

 

 

妻が暴力を振るわれたとでっち上げるのであれば、家族で出掛けている写真等、客観的に夫婦仲が良好である事を証明出来る材料が必要になります。

 

 

 

 

一人で調停に臨むよりも、弁護士が隣に同席してくれるだけで、安心感は桁違いに変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調停離婚を弁護士に依頼した際の費用は?

 

調停離婚を弁護士に依頼するに当たって最も気になるのが、やはり依頼した際の費用はいくら掛かるか、と言う事ではないでしょうか。

 

 

まずは着手金ですが、一般的に20~40万円掛かります。

 

慰謝料を請求した場合は、あなたが獲得した金額の約16~20%の弁護士報酬が発生します。

 

そしてあなたが不倫した妻との離婚を希望し、成立した場合は成功報酬として20~40万円掛かります。

 

 

更に相談料として、一回につき数千円~1万円程度掛かるので(相談無料の弁護士事務所もあります)、弁護士に依頼するかどうかは非常に悩みどころではないかと思います。

 

 

 

自分の予算と相談し、請求する慰謝料をよく考慮しながら弁護士に依頼するかどうか決めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裁判離婚を見越して弁護士に依頼するのも有り

 

調停の際に重要な事の一つに、調停が成立しなかったらどうするかと言う事があります。

 

 

通常の調停離婚は、お互いに納得いかなければ次の段階として栽培離婚に移行する事になります。

 

 

 

裁判離婚に移行する割合はそれ程高くありませんが、不倫した妻があまりにも常識外の主張をしている場合は、調停ではもはや話がまとまらない可能性もあります。

 

 

 

裁判になれば、手続きが面倒で、裁判所に提出する書類も複雑になり、自分一人で行うには非情に難易度の高いものになります。

 

多くの人が裁判離婚では弁護士に依頼します。

 

 

 

調停の段階で予め弁護士に依頼しておけば、もし調停不成立となった際の裁判の手続きやアドバイスをしてもらえるので、大幅な時間と労力の短縮に繋がります。

 

 

 

 

 

不倫した妻に対して有利に調停を進める為には、弁護士に依頼するのが確実です。

 

こちらからあなたと相性の合う弁護士を探してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上、妻の不倫が原因で調停離婚をする際に弁護士に依頼するメリットと弁護士に依頼した方が良いケースについて解説しました。

 

 

調停離婚において弁護士に依頼する事はもちろん必須ではありません。

 

弁護士に依頼せずにあなたの納得のいく調停成立が出来れば、それに越した事はありません。

 

 

しかし、妻の正確や不倫に対する反省度、その他の様々な状況によって弁護士に依頼した方が良いケースもあります。

 

 

特に、妻が嘘やでっち上げの主張をして来るようであれば要注意です

 

 

私の場合は、妻の嘘やでっち上げもありつつ、不倫した事に対しても申立人がこちらで、不倫の決定的な証拠も提出しているにも関わらず、「不倫しましたけどそれがどうかしましたか?」と言わんばかりの開き直りフルコースの態度でした。

 

私が依頼した弁護士にも「不貞行為でここまで開き直れる女性は初めて見ました」と言われるほどでした・・・。

 

弁護士に依頼しておいて正解だとつくづく実感しました。

 

 

弁護士費用を出し渋り、得られるはずの慰謝料を得られなかったり、有利な条件で離婚できるはずが納得のいかない結果で終わるよりは、弁護士に依頼した方がトータルのメリットは大きい場合もあります。

 

 

 

今現在のあなたの置かれている状況で、どちらがベストか冷静に判断して下さい。

 

 

 

 

 

皆様のご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
妻と間男への制裁を確実に与えよう!!
管理人プロフィール

管理人:ジュン

妻にW不倫されても、前向きに、負けずに生きていく方法を探しながら頑張っています。
不倫された際にするべき事、私自身が不倫された時の体験談を書いていきます。
負けずに生きていきましょう!!

カテゴリー
コメント

    ページの先頭へ

    不倫 サレ夫 慰謝料請求 不倫調査 離婚調停 不倫裁判