不倫した妻との調停離婚の申し立てに必要な書類と申請方法を解説します

皆さんこんにちは、ジュンです。

 

 

 

妻の不倫が発覚して、今後の結婚生活の継続がどうしても困難になってしまったとあなたが判断したら、離婚についての話し合いになってくると思います。

 

 

話し合いの最初の段階は、夫婦お互いの話し合いから始まり、折り合いがつかなければ家庭裁判所に調停の申し立てをしていく流れになります。

 

 

 

今回の記事では、

 

調停離婚の申し立てに必要な書類と申請方法

 

について解説していきます。

 

 

 

調停離婚は人生の中でそうそうあるものではありませんので、慣れている人はあまりいないと思います。

 

 

是非、当記事をご参考下さい。

 

 

 

 

調停離婚についてと不倫した妻に対して有利に調停を進めるには、こちらの記事をご参考下さい。

調停離婚とは?不倫した妻より有利に調停を進めるには?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調停離婚の申し立てる前に知っておかなければならない事

 

まずは、調停離婚を申し立てる前に事前に知っておかなければならない事について解説していきます。

 

 

調停時の夫婦それぞれの呼称について

 

調停離婚では、申し立てる側のあなたが申立人妻側が相手方と言う呼称となり、調停に関する書類は全てこの記載となります。

 

 

 

 

調停を申し立てる場所について

 

調停は全国の家庭裁判所で行われます。

 

 

ただし、家庭裁判所ならどこでも良いと言う訳では無く、調停を申し立てられる裁判所は原則として相手方の住所地に存在する裁判所となります。

 

 

 

もし、あなたが妻の不倫が原因で既に別居していて、あなたと妻の住所の管轄する裁判所が違う場合は、妻側の住所の管轄する裁判所に申し立てる必要が出て来ます。

 

 

その際は、事前にそれぞれの管轄の裁判所を調べておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調停申し立ての為に必要な書類について

 

調停を申し立てる為に家庭裁判所に提出する書類は以下の項目のものがあります。

 

 

尚、提出書類に関しては間違いの無い様に、事前に家庭裁判所に確認する事をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

夫婦関係調整調停申立書

 

離婚の理由、慰謝料の金額、親権をどちらに希望するか等を記載します。

 

 

申立書の詳しい記入方法はこちらの記事をご参考下さい。

妻の不倫で離婚する際の申立書の記入方法について分かりやすく解説します

 

 

 

 

 

事情説明書

 

調停時に話し合いの焦点になると思われる内容、今回の調停を申し立てる事になった経緯等を記載します。

 

 

事情説明書の詳しい記入方法はこちらの記事をご参考下さい。

妻の不倫で離婚する際の事情説明書の記入方法について分かりやすく解説します

 

 

 

 

 

照会回答書

 

調停に関して妻がどの様な行動を取るか等を記載します。

 

 

申立書の詳しい記入方法はこちらの記事をご参考下さい。

妻の不倫で離婚する際の照会回答書の記入方法について分かりやすく解説します

 

 

 

 

連絡先等の届出書

 

家庭裁判所と連絡を取ったり、書類関係を受け取る際に必要となるものです。

 

 

 

 

 

 

申立人の戸籍謄本

 

申立人であるあなたの戸籍謄本が必要になります。

 

あなたの本籍のある市町村役場で取得出来ます。

 

 

 

 

 

 

資料非開示の申請書

 

申立書等のコピーは相手方である妻側にも送られるのが原則です。

 

 

妻側に送られる書類にはあなたの住所や連絡先が記載されているので、現在別居していて妻に住所を知られたくない、その他、知られたくない情報がある等の事情がある場合、資料非開示の申請書に必要事項を記入して家庭裁判所に提出する事も可能です。

 

 

 

 

 

 

その他

 

もしあなたが年金分割を求めるのであれば、年金分割のための情報通知書も提出する必要があります。

 

 

それと妻の不倫の証拠があれば、事前に準備、整理をして提出出来る様にしておきましょう。

 

調停時に妻が不倫を否定してきた際に強い効力を発揮します。

 

 

確実な妻と間男の不倫の証拠を手に入れたい人は、こちらの記事をご参考下さい。

不倫した妻と間男に確実に制裁できる証拠とは?あなたが泣き寝入りする必要はありません!!

 

 

 

また、書類提出時に念の為、あなたの印鑑を持参した方が良いでしょう。

 

もしその場で訂正事項があれば、便利です。

 

 

 

あなたが主張内容を事前に、調停委員や裁判官に伝えておきたければ、陳述書も一緒に提出する事も可能です。

 

 

陳述書の書き方の例は以下の記事をご参考下さい。
妻の不倫が原因で調停離婚する際の陳述書の書き方とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調停申し立てに必要な費用について

 

家庭裁判所に調停を申し立てる際には、費用が掛かります。

 

下図を参考にして下さい。

 

 

 

 

これらの費用は、申立人であるあなたが全て負担する事になってしまいます。

 

 

妻側に負担させる事は出来ないので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家庭裁判所に書類を届ける

 

調停離婚に必要な書類を揃えたら、いよいよ家庭裁判所に提出します。

 

 

家庭裁判所は平日の9時から17時迄なので、その時間帯を目掛けて提出しましょう。

 

早い時間に行った方が混雑せずにすぐに対応してもらえます。

 

 

事前に収入印紙、切手、書類の最終確認をして戻しの無い様にしておきましょう。

 

 

尚、書類の不備がありその場で訂正が出来る様に、印鑑を持参しましょう。

 

 

 

時間が無かったり、裁判所が遠方になる場合は、郵送による提出も出来ますが、私個人の見解としては、直接裁判所に提出する事をお勧めします。

 

 

調停の緊張が無くなる訳ではありませんが、調停の前に一度裁判所に行っておけば、裁判所の雰囲気を知っておく事が出来るので、調停当日に初めての裁判所に戸惑う事も無くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調停離婚を弁護士に依頼するのにメリットはあるのか?

 

調停離婚を弁護士に依頼して進めると言う選択肢も予め考慮しておいた方が良いでしょう。

 

実際に弁護士に依頼する人も多いのが現状です。

 

 

弁護士は調停離婚に必要な手続きをあなたの代わりに行ってくれますので、妻の不倫が原因で離婚するあなたの心労が少なくなります。

 

 

 

また、下記の場合も弁護士に依頼するメリットはあります。

 

あなたの主張を調停委員にうまく伝えられない

 

妻の方が口が上手い

 

妻に不倫されて傷ついているのはあなたにも関わらず調停委員が妻の味方をしている

 

 

 

弁護士費用は掛かってしまいますが、あなたの精神的負担の軽減に大きく貢献してくれます。

 

 

調停の経過途中でも弁護士に依頼する事も出来ますので、自身の状況に応じて検討してみて下さい。

 

 

不倫した妻に対して有利に調停を進める為には、弁護士に依頼するのが確実です。

 

こちらからあなたと相性の合う弁護士を探してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上、調停離婚に必要な書類と申請方法について解説してしました。

 

 

調停離婚は、家庭裁判所に申請する法的なものなので、必要な書類がいくつかあり、収入印紙等の費用もかかります。

 

記入漏れ等があると余計な手間となりますので、よく確認してから申請する様にしましょう。

 

 

 

また、弁護士に調停離婚を依頼すると、家庭裁判所に申請する面倒な手続きを代わりに行ってくれますし、調停委員への主張時にあなたのサポートもしてくれます。

 

 

 

不倫した妻に対して有利に調停を進める為に、弁護士との契約も視野にいれてみるのもいいと思います。

 

 

 

 

皆様のご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
妻と間男への制裁を確実に与えよう!!
管理人プロフィール

管理人:ジュン

妻にW不倫されても、前向きに、負けずに生きていく方法を探しながら頑張っています。
不倫された際にするべき事、私自身が不倫された時の体験談を書いていきます。
負けずに生きていきましょう!!

カテゴリー

ページの先頭へ

不倫 サレ夫 慰謝料請求 不倫調査 離婚調停 不倫裁判